髪の薄さを治すには病院?保険は効くの?

タブレットみている薄毛男性

「薄毛治療を始めたい!」「病院で診察を受けたいけど何科かわからない!」という方に、病院で薄毛治療を始める際の詳細を紹介していきます!
AGAでは基本的に保険が効きませんが、薄毛の専門医である医師と話して安心感を得ながら治療に励めます。
また薬物療法だけでなくメソセラピーや植毛療法が受けられるのも、病院やクリニックだけなのです。
薬の前に他の治療方法を知りたいという方は、ぜひチェックしていきましょう。

皮膚科や美容外科で診察!

進行性であるAGAは、放置をしておくとどんどん薄毛が進行していきます。加齢や遺伝、生活習慣の乱れなどで起こるので放っておくのは厳禁。
しかし薄毛を発症している人の中には、「どこの科へかかればいいのか」と疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。
頭皮は皮膚の一部なので、皮膚科がある病院や美容クリニックでもOKなのです。

<AGA治療が可能な場所>
・総合病院や診療所にある皮膚科
・美容皮膚科、美容外科、形成外科
・AGA専門病院やクリニック

AGA専門病院は、あらかじめどこにあるのかネットで検索しておくのがおススメです。自分の家より遠い場合は、交通費もその分かかるので注意しましょう。
皮膚科や美容系、専門病院で共通しているのは脱毛予防薬が処方してもらえるという点です。
カウンセリングや治療メニューが豊富なのは、美容外科やAGAクリニックです。皮膚科に比べて不安なく治療がスタートできます。

AGAは基本的に保険が効かない

AGAは基本的に保険適用外です。AGAは髪の成長期が短くなり、髪の健康が損なわれますが直接命には関わりません。
保険が適用されるのは、身体に悪影響を及ぼしているかどうかが判断基準になるのです。
薄毛が進行したとしても、抜け毛の範囲がどんどん広がっていくだけで体内にバイ菌が入るわけではありません。

実は頭皮を診察してもらう際に、保険が適用になるケースもあります。頭皮に炎症が起こってただれていたり、痒みで我慢できないといった症状です。
しかしいずれもAGAには見られない症例なので、よっぽどのことがない限り保険は適用されないということを把握しておきましょう。

病院療法の費用をチェック

病院では薬物療法の他に、メソセラピーや自毛植毛といった方法があります。
かかる費用もそれぞれ違いますので、1回あたりの費用を治療法別に確認しておきましょう。

メソセラピー

メソセラピーとは、頭皮にAGAの改善が期待できる成分を注入する療法です。1回あたりの費用は約15,000~50,000円かかります。
複数回の注入を1クールとしているので、全額で数十万円の出費がかかります。
身体の中からではなく外側から改善する療法のため、内服薬と併用して行われるケースもあるのです。
効き方には個人差がありますが、費用をかけてでも薄毛を改善したい方は試す価値があります。

自毛植毛

自毛植毛は、自分の髪を薄毛部分に植毛する療法です。AGAの影響を受けにくいとされている側頭部や、後頭部の髪の毛を薄毛の部分に移植します。
移植した部分は、AGAの影響を受けにくいため髪をカットしても再び生えてくる人もいます。
そのためカラーやパーマも可能なのです。

1つの毛穴に毛を移植する費用は900~2,000円程度。頭皮にはたくさんの毛穴があります。例えば毛穴1,000個に移植すると、費用は90~200万円程かかり高額なのです。

薬物治療以外の療法を検討している方は、医師と自分の経済面と相談する必要があります。
自分の頭皮にはどの療法が合っているのか、どのくらいまでなら費用を出せるのか提示したうえで検討していきましょう。