薄毛の進行を止めるためにはAGA治療薬!

憤慨しているハゲ男性

「最近髪の毛がやわらかい」「起きたら枕に毛がびっしりついている」という方は、AGAかもしれません。
AGAとは、男性なら誰でも発症する可能性がある脱毛症です。主に成人男性によくみられる、髪がどんどん薄くなっていく状態。
額の生え際や頭頂部の髪の毛、または双方から薄くなっていきます。
中には見ただけですぐAGAと分かる人がいるほど。放置していても、自然に治らないのです。
そこでおススメしたいのが、AGA治療薬。AGA治療薬は、男性の薄毛に効果を発揮する薬であり抜け毛を防ぐサポートをしてくれます。
治療薬があれば、もう薄毛に悩む必要はありません!AGA治療薬で薄毛を解決していきましょう。

AGA治療薬で薄毛を解決しよう

男性型脱毛症(AGA)になっている人の中には、「どうせ治らないよ」と放置している人もいるのではないでしょうか。
実はまだ諦めるのは早いのです!医療の技術が発達してからというもの、薄毛も薬で改善できる時代になりました。
では、病院やクリニックではどのくらい治療費がかかるのかチェックしていきましょう。

病院での治療は高い

病院やクリニックでは、医師と一緒にあなたの問題に向き合いながら相談ができますよね。治療を受けたい人の中には、「この際かかりつけ医をつけておこう」と思っている人もい
るはず。
確かに病院では専門医に直接相談できるという安心感がありますが、金銭面で見てみるとあまり良心的とはいいきれません。
その理由は、AGA治療は保険が効かないから。そもそも保険というのは、命にかかわる病気や日常生活に支障をきたしていると判断されたケースのみ効くもの。
そのため薄毛は保険が効かないのです。
AGA専用の薬も、プロペシアが有名ですが毎回1万越えする人もいます。
治療を始めるのなら、専門医と相談ができるため最適ではあります。しかしその反面、治療費に頭を悩ませている人もたくさんいるのです。

海外通販が断然お得

病院では、保険が効かず毎回受付で「薄毛で来ました」と申告しなければなりません。自分で開き直れない人からすると、とても苦痛に感じますよね。
そんな人におススメしたい手法は、海外通販です。通販といっても、楽天やAmazonといった大手物販サイトではありません。
外国から薬を輸入しているサイトで、AGA治療薬を購入してみましょう。
処方箋が必要ないため、毎回病院へ行く必要もないのです。
またジェネリック医薬品も豊富に取り扱っており、プロペシアのジェネリックであるフィンペシアならかなりの費用を抑えながら治療を開始できます。
フィンペシアは日本でまだ認可の下りていない薬のため、海外通販を利用する必要があるのです。
ネットを駆使して、簡単にリーズナブルにAGA治療薬を手に入れましょう。

男性型脱毛症は思春期以降から始まっている!

「若ハゲ」という言葉知っていますか?実は、男性型脱毛症(AGA)は必ずしも年を取り始めた男性だけが発症するものではないのです。
思春期が終わった20代から薄毛になる人もいたり、中には10代後半から薄毛になる人もいたりします。
そのため「何歳からAGAになります!」とは断言できません。さらにいきなり髪の毛が薄くなるわけではなく、年月をかけてゆっくりと進行していきます。
20代の男性も「自分はまだ若いし薄毛の悩みとは無縁」とは思わず、「自分もいつかはなるかもしれない」「進行している最中かも」と少し疑いましょう。

AGAは全国で1,260万人いて、そのうち薄毛を気にかけている人は約800万人いるといわれています。
しかしその中の650万人しか治療を行っておらず、放置している人もいるのです。AGAは進行性なので、放置せずにしっかりと治療で対処していきましょう。