男性型脱毛症の原因は多岐にわたる

新聞を読んでいる薄毛男性

男性特有の脱毛症であるAGAの原因を知っていますか?大半の人が男性ホルモンによる影響だといわれていますが、実はその他にも原因はあります。
血行不良だったり、男性ホルモンだったりなど人によって原因が違います。
また遺伝でもAGAになるということが判明していて、父親や父方の祖父母のいずれかに薄毛の方がいると遺伝している可能性があるのです。
「前よりも抜け毛が酷い」「頭のてっぺんがハゲてきている気がする」という方は、AGAの原因を探ってみましょう。

AGAの原因は人それぞれ

AGAの主な原因は、男性ホルモンが起因していると考えられています。髪の毛が太く生長する前に抜け落ちてしまい、抜け毛を多くするのです。
その他にも遺伝や、血行不良も大いに関係していると考えられていて原因は人によって多岐にわたります。

男性ホルモンがカギ

AGAの脱毛にはDHT(ジヒドロテストステロン)の濃度が高い傾向にあります。DHTとは、ヘアサイクルの成長期を短くする原因物質です。
テストステロンという男性ホルモンが、「5aリダクターゼ」という酵素とくっつくとDHTという髪の毛に対して害のある物質に変化します。

DHTは髪の毛の成長期を短くしていき、太くてコシのある毛が生える前に抜けてしまいます。
そして髪の毛が育たない、細くて短い髪の毛が多くなるとだんだん薄毛が目立つようになっていくのです。
男性ホルモンは髭や体毛といった毛には、太くて固い毛に成長させる働きを持っています。しかし、頭髪に関しては逆の効果を発揮するのです。そのため体毛は濃いのに、髪の毛は薄いという現象が起きます。

血行の良し悪しは髪の毛にも影響する

髪の毛は毛乳頭と呼ばれている毛細血管から、栄養を補給されて成長していきます。
しかし頭皮の血流が悪くなると髪の毛の成長が鈍ってしまい、だんだんと毛が抜けやすくなっていきます。
血行が原因の場合は、病院できちんと検査をしないと判明しづらいのが特徴的です。そのため一般人の判断では、見分けがつくのが難しいといわれています。
血行不良によって進行するAGAを、加齢性脱毛症と呼ぶケースもあるのです。

両親のどちらかが薄毛なら遺伝の可能性アリ!

「うちは薄毛家族だから」「父親がハゲているからもう遅い」と思っている人、意外にもたくさんいます。
実際に薄毛は遺伝するといわれていますが、父親よりも母親の影響が強いということが判明しているのです。
薄毛になるかならないかは、X染色体の中にあるアンドロゲンという男性ホルモンの受容体の違いで大きく異なります。
X染色体は母親から受け継ぐもので、薄毛に関わるかは父親よりも母親の影響が大きいといえるのです。
確認の仕方は母親の頭髪ではなく、母親の祖父の頭皮。祖父が薄毛である場合、あなたが薄毛になる可能性があります。
「遺伝かもしれない」という方は、母親側の親族が薄毛になっているかチェックしてみましょう。

その症状薄毛かも?セルフチェックしてみよう

「AGAといってもどこから薄毛?」「自分はまだセーフなの?アウトなの?」と思っている方は、薄毛チェックをしてみましょう。

<AGAセルフチェック>
・父方または母方の祖父母に薄毛がいる
・前よりも抜け毛が明らかに増えている
・産毛のような髪の毛が増えて、コシがなくなった
・だんだんと薄くなっている気がする
・額の生え際から毛が後退していっている
・頭のてっぺんから毛が薄い
・生え際とてっぺんの両方が薄い

AGAは徐々に進行していくのが特徴的です。そのため、急激に髪の毛が薄くなっている人は、他の病気を疑いましょう。