AGAの薬物療法を始めるならジェネリックがおすすめ

人形が髪の毛を気にしている様子

薄毛治療を始めている人なら、1度は治療費を再検討したいと考えた経験をしたことがあるのではないでしょうか。
薄毛治療は保険が効かず、自由診察。そのため高額治療は免れません。
初回のカウンセリングは無料提供しているクリニックもありますが、そもそも薬代が1ヵ月分で1万円超えする場所もあるほどなのです。
そのため診察代プラス薬代を考えると、毎回約2万円の出費は出ると考えたほうがいいでしょう。

しかしAGA治療薬で、プロペシアと同じ成分が含まれていてまったく同じ効果を発揮するフィンペシアならリーズナブルに入手できます。
外国製であるフィンペシアは、海外通販で購入できるため処方箋も必要ありません!診察を億劫に感じていた人は、ぜひフィンペシアを試してみましょう。

フィンペシアは外国産のジェネリック

フィンペシアは、日本でAGA治療薬として処方されているプロペシアと同じ成分が配合されています。
そのため髪の毛への作用の仕方は同じなのです。世界中でAGA治療薬のジェネリック医薬品として、親しまれています。

プロペシアのコピー版と呼ばれている

AGAによる抜け毛をブロックする役割を持っているフィナステリドは、フィンペシアにも配合されています。
先発薬であるプロペシアはMSD社が製造・販売していますが、フィンペシアはインドの市プラ社が製造・販売しているのです。
製造・販売している会社が違うため、名前が違います。しかし同成分なので薬理は一緒です。
プロペシアのコピー版と呼ばれている理由は、先発薬であるプロペシアの特許が切れないうちに製造されたから。
本来ジェネリック医薬品は、先発薬の特許があり10年以上経ってから後発薬が開発され始めます。
しかし、お薬大国であるインドでは一定の対価を支払えばコピー版を製造できました。
もちろん今では、法改正されていて新たに医薬品のコピー版を製造はできません。
法改正される前に開発されたのがフィンペシアのため、プロペシアのコピー版と呼ばれているのです。

日本では認可が下りていない

先発薬であるプロペシアは、日本で処方の認可が下りたのは2005年。承認は厚生労働省が行っています。
しかしインドで製造・販売されているフィンペシアの認可は、まだ下りていないのが現実なのです。
そのため市販はもちろんのこと、病院やクリニックといった一般ルートでは入手できないAGA治療薬。
フィンペシアの購入を検討している方は、海外通販を利用しましょう。

リーズナブルで購入できる

ジェネリック医薬品であるフィンペシアは、先発薬であるプロペシアよりもリーズナブルで購入できます。
その理由は、先発薬よりも開発費用がかかっていないから。フィンペシアはプロペシアのコピー版のため、プロペシアと同様の成分が入っています。
そのため開発研究や臨床試験を、何度も重ねていく必要がないのです。
「プロペシアと効果が同じで安いならフィンペシアがいい!」という方は、インターネットを介して入手してコストを抑えていきましょう。

フィンペシアは海外通販で買おう

フィンペシアを買うためには、海外通販を利用する必要があります。外国製の薬&日本では認可が下りていないので、病院やクリニックでは購入不可なのです。
海外通販とは、もちろん日本大手サイトである楽天やAmazonではありません。
日本ではネットや市販で医薬品を販売してはいけないという法律があるので、外国製の医薬品を取り扱っているサイトを活用してください。
薬価が高いプロペシアとは違って、半年分でも1万円以内で購入できのです。